アメブロ(ameblo・ameba)を利用して検索エンジン・ソーシャルメディアからの集客・販促の促進。SEOに強いアメブロだから実現出来る事

アメブロ SEO

アメブロはSEO対策に向いている?向いていない?

アメブロはSEO対策に向いている?向いていない?
以前もこのような解釈で1記事書いた記憶がありますが、今回はその答えを「向いています」としておこうと思います。本記事では、何故アメブロがSEOに向いていると断言するのか?と言う部分を簡単に触れておきたいと考えております。
先に、結論的なお話しをしますと、アメブロはSEOに向いている(検索エンジンから評価されやすい)但しそれは数多くのアメブロユーザーの中で自身がSEOを施したいと思うキーワードで競合している方よりも高い評価を得る事をクリアーしなければならないと言う「大きな壁」があると言う事なのです。
その「大きな壁」はプロに代行してもらわないと乗り切れないのか?そんな事はありません。しっかりと内部構成を考え、しっかりとブログを運営し、+ある程度の仕掛けを実施すれば実は誰でも取り組む事は可能なんです。
●アメブロのSEOを外注すべきか自力で行うべきなのか?
アメブロを活用する理由は何なのか?自問自答してみてください。
私がアメブロを最初に利用しようと思ったのは、検索以外、web広告以外で自社webサイトにアクセスを運ぶ為に活用出来るのでは?それも無料で使えるし・・・・私の最初の動機は上記のような事であった事を記憶しております。
ではアメブロのSEOを外注してしまうとどうでしょうか?継続的なコストが発生する場合の方が多いでしょうから、無料ではなくなります。お金を使ってまでアメブロにSEOをかけるべきでしょうか?答えは「NO」です。
私ならば、お金をかけるならば費用対効果が見込めるものにしか費やしたくないので、SEOにコストをかけるのは自社webの方が適切だと考えるでしょう。
「えっでもアメブロはSEOに向いている」と推奨しているのは貴方ではないの?こんな声も聞こえてきそうですが、私が推奨するのは、アメブロの場合は十分に自分のアクションだけで最適化効果が出る「フリーブログ」だからやらないよりもやるべきだ!と言う事なのです。
●アメブロが他のブログよりもSEO対策が行いやすい理由
アメブロはサイバーエージェントが運営するフリーブログです。広告等の非表示やアイテムの購入等を行わない方にとっては無課金で何回でも利用できます。素晴らしいサービスです。
また、アメブロは全国に何千万人の利用者がおります。SEO的に解説しますと、「ameblo.jp」と言うドメイン内に上記何千万人の方が自分のURLを複数(記事1つ1つにURLが出来るので)持っていると考えると、インターネット内での「ameblo.jp」と言うドメインの占拠率も決して低いものではないです。
故に検索エンジンから「ameblo.jp」ドメインURLへの評価もある程度は見込める状態であると言うのが、理由の一つであります。
私的には、livedoorやFc2やgooなど他のフリーブログよりも格段にアメブロの方が検索エンジンからの評価を、今(現時点では)は受けやすいブログではないかと思います。
●検索エンジンには同一ドメインURLに対して検索表記の基準が存在する
アメブロはSEOに向いていると先の項で表記しましたが、その反面、利用者数が多いのが逆に足枷になるケースもあります。ここではそのケースに関して記述していきたいと思います。
現在、日本で主流の検索エンジン(yahoo・Google)は双方にGoogleの検索エンジンアルゴリズムを採用しております。広告やパーソナライズ、プレイス等、検索順位以外の掲載条件は双方で若干は異なりますが、基本的に検索順位に関しては同等の結果が表示されている(2012年3月現在)ようになっております。
検索エンジンは、検索表記ページ(例えば、アメブロSEOと検索した場合を想定)に同一のドメインを持つサイトを2~6個までしか表記させないようになっております。(定義はキーワードによっても異なり、常に変更されております。2012年3月現在の話しです)
ですから、自分のアメブロと同等のキーワードで他のアメブロ運営者がSEOを実施していたり、同じような業種の方がアメブロ利用者に多い場合、貴方のアメブロは検索エンジンから、最低でも6番以内の評価を得なければ、一切検索エンジンには表記されないと言うような現象が起こる可能性があるのです。
となった場合、せっかく検索エンジンから評価の高い、「ameblo.jp」を使っていてもそのメリットを一切感じる事が出来ないと言う方の方が、実際には非常に多いわけです。
●アメブロ SEOに正しいご認識を!!!
アメブロをSEO対策すれば集客できるアクセスが増えると言う方がいる一方、私のように自力で取り組む以外はあまり推奨しない(アメブロにSEOを行う際は外注を奨めない)方も存在します。
考え方は人それぞれですから良いと思いますが、重要な事は何の為に実施するか?費用対効果は?と言う部分が関係してきます。
アメブロユーザーが欲しい商品を提供している方は、迷わずSEOを行っても良いと思います。逆にアメブロを利用してアフェリ等の副収入を目指す方は自力でSEOに取り組むか、アメブロ外にサテライトを量産管理するかの方が実際には費用対効果に繋がると思います
SEOやSEMだけがwebマーケティングではなく、webマーケティングの方法論の一つとしてSEOやSEMやブログ活用・ソーシャルメディア活用と言うような選択肢が存在しているだけですから、アメブロSEO=売り上げUPと言うまやかしのキャッチコピーに心を揺り動かされないようにはしておきましょう。
webコンバージョンとSEOやSEMなどの施策に関しての正常な見解は、webコンバージョン(反響)実感数を上げる為に必要な事は何なの?をご参照ください
メールベースで今、自社サイトが進むべき方向を相談したいや、簡単に聞きたい事があると言う方は無料お問い合わせをご利用ください。自社サイトの現況を通知しコンバージョン改善の為のコンサルティングを受けたいと言うお客様は有料お問い合わせフォームをご利用ください。
[ブログを利用して事業コンバージョンを高める為に]
ブログをはじめとするソーシャルメディアを活用する際に最も重要な考えとして頭に入れておきたい事項とは、繋がりです。そして他者と繋がると言う事は思いやりも必要です。
アメブロ等を利用していますと、数を意識する方の方が多いと思いますが、私は不特定多数の数を追うよりも情報交換が出来たり情報を共有しあえる信頼できる他者との関係性の強さの数こそが、ブログを利用した事業コンバージョンとの直接的な影響が見込める部分と感じております。
しかしブログのみでコンバージョン向上を図っていても集客導線は決して強いものでもありません。あくまでもブログやソールメディアとはその範囲内の効果しか見込みづらいと言えます。そのような事もあり当社ではwebサイトリニューアルによってwebサイトとブログやtwitter・facebookを連動させたり、ブログやwebサイトにGoogle seoを施し、検索エンジン経由での訪問者との新しい繋がりの機会を増やす方法を推進させて頂いております。
考え方や使い方は人それぞれです。何を使うかよりもどのように活用するのか?を強く意識した提案を実施させて頂く事こそがホームページ制作会社としての当社のこだわりでもございます。

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます】

アメブロでSEO!! 検索エンジン⇒アメブロ⇒コンバージョン(反響)数の実感!!

アメブロseoならばお任せください。福岡 アメブロ,アメブロ検索上位,アメブロ SEO対策でGoogle検索上位にランクイン ソーシャルメディア連動による効率化!! 検索エンジンから目指すブログアクセスアップ!! 自分で出来るアメブロSEO!! 検索エンジンから継続的にアクセスを獲得するアメブロ活用術!! アメブロ アクセスアップ 無料情報発信中 詳しくはこちら
福岡 アメブロ
ホームページ リニューアル
Google seo
LPOページ 作成
webサイト 集客
美容関係のホームページ登録サイト
アメブロアクセスアップ