アメブロ(ameblo・ameba)を利用して検索エンジン・ソーシャルメディアからの集客・販促の促進。SEOに強いアメブロだから実現出来る事

アメブロ SEO

内部仕様を扱えないアメブロで内部SEO対策が可能な箇所とは

内部仕様を扱えないアメブロで内部SEO対策が可能な箇所とは
正直な話しアメブロは内部構造を殆ど変更させる事が出来ません。かなり制約のかかったフリーブログである事は確かです。しかしアメブロがどのような法則性を持ったものなのか?と言う風に考える事で少々はフォローする事も可能です。今回はその部分を記事にさせて頂きます。基本的にプラグインの挿入でのデザインの挿入等以外はアメブロの内部は定型なものを利用せねばなりません。(選択するテンプレートによって異なる)よって内部的なHTMLはブログ記事以外では殆ど扱う事は出来ません。(CSS・プラグインを扱う事は可能)と考えた場合、調整が可能な箇所は何か?と言えば、サイト上部に位置する重要な箇所としてtitle,descripition,keywordsが考えられます。そしてこれらを調整する事は管理画面から操作する事が可能なので実はどなたでも可能なわけです(HTMLの知識等は不要)
そうなった場合に必要な知識はそれらの構成させる法則性です。実際にご自身が管理画面上に入力したものが自動的にtitle,descripiton,keywordsとして設定されていて影響しているのかを知れば良いだけの問題です。ここでは若干割愛しますが、それらに影響する重要な事項のみを表記します。詳しくはご自身のHTMLソースをご確認頂き、どの部分がどの部分に影響されているのか?を確認されてみてください。
ブログ名,ブログ説明,ブログネーム,記事のタイトル
主にはこの4つの日本語で構成するものがアメブロの内部的なSEO対策効果を高めてくれます。そしてポイントは長すぎない事、可能な限り少ないキーワード,や文章で構成する事が重要です。尚キーワードを区切る際の句読点は、「,」半角句読点が基本です。またこれ以外の箇所で意外に影響力の強い箇所はどこか?と言いますと、ブログテーマの部分です。通常の場合はここは記事のカテゴリーを表記する部分ですがこのスペースの使い方も過度な事をしなければ検索エンジンには好影響を及ぼしてくれるようです。そして上記のようなアクションで発生するユーザービリティーを一部損われる部分をフォローする為にアメブロをカスタマイズすると言う選択肢も存在する事(実はカスタマイズとは、閲覧ユーザーにとってあまり見せたくない部分を表面的に隠しているとも言えるわけです)
[ブログを利用して事業コンバージョンを高める為に]
ブログをはじめとするソーシャルメディアを活用する際に最も重要な考えとして頭に入れておきたい事項とは、繋がりです。そして他者と繋がると言う事は思いやりも必要です。
アメブロ等を利用していますと、数を意識する方の方が多いと思いますが、私は不特定多数の数を追うよりも情報交換が出来たり情報を共有しあえる信頼できる他者との関係性の強さの数こそが、ブログを利用した事業コンバージョンとの直接的な影響が見込める部分と感じております。
しかしブログのみでコンバージョン向上を図っていても集客導線は決して強いものでもありません。あくまでもブログやソールメディアとはその範囲内の効果しか見込みづらいと言えます。そのような事もあり当社ではwebサイトリニューアルによってwebサイトとブログやtwitter・facebookを連動させたり、ブログやwebサイトにGoogle seoを施し、検索エンジン経由での訪問者との新しい繋がりの機会を増やす方法を推進させて頂いております。
考え方や使い方は人それぞれです。何を使うかよりもどのように活用するのか?を強く意識した提案を実施させて頂く事こそがホームページ制作会社としての当社のこだわりでもございます。

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます】

アメブロでSEO!! 検索エンジン⇒アメブロ⇒コンバージョン(反響)数の実感!!

アメブロseoならばお任せください。福岡 アメブロ,アメブロ検索上位,アメブロ SEO対策でGoogle検索上位にランクイン ソーシャルメディア連動による効率化!! 検索エンジンから目指すブログアクセスアップ!! 自分で出来るアメブロSEO!! 検索エンジンから継続的にアクセスを獲得するアメブロ活用術!! アメブロ アクセスアップ 無料情報発信中 詳しくはこちら
福岡 アメブロ
ホームページ リニューアル
Google seo
LPOページ 作成
webサイト 集客
美容関係のホームページ登録サイト
アメブロアクセスアップ