アメブロ(ameblo・ameba)を利用して検索エンジン・ソーシャルメディアからの集客・販促の促進。SEOに強いアメブロだから実現出来る事

アメブロ SEO

webサイト(ホームページ)とソーシャルメディア|相互の関係性と特徴

最適化が必要と思われるのは貴方の事業コンセプトを分かりやすくする事
昨今、インターネット上で配信できる情報は多様化しております。5年程前は、今程、ブログやtwitterをはじめとするソーシャルメディアの存在がクローズアップされておりませんでしたので、webとSEOやSEMだけでコンバージョンを獲得する事もある程度は簡単であった時代だったのですが、昨今はそれだけの要素では通用しない時代となっています。それら現在のインターネットを取り巻く環境に関してを本日は、ソーシャルメディア・webと言う関係性を中心に記載させて頂きたいと思います。webとソーシャルメディアの優越を記載します。下記は優れている方に印をつけております。但しソーシャルメディアの機能は、アメブロとtwitterで異なりますので、アメブロ・twitterの2つの存在を記載しておりおます。
下記のようにweb・ソーシャルメディア(ブログ・twitter)のメリットとデメリットを可能な限り分かりやすくは記載してみたのですが、私的に皆様にアドバイスが出来る事とはこれらを全て活用すると言う事です。但し全てを闇雲に活用してしまうと時間ばかりかかりますし、効率的でありません。よってそのような非効率を招かずに双方のメリット(長所)を伸ばして行くと言う観点で、仕様と運用方法をオペレーティング化させる事が、最も現実ベースで適切なインターネット活用法と言えるのではないかと考えています。
機能性・特徴 web アメブロ twitter
・情報伝達のスピード・更新速度 ▲or○
・情報コンテンツ・ボリューム量
・情報コンテンツ自由度
・サイト内のコミュニティー形成 ○or◎
・情報発信者の社会的信用性 ○or▲ ○or▲
・アクセス導線としての機能 ○or▲ ○or◎ ▲or○
・検索エンジン対策との関係性 ○or◎or▲ ○or▲
※優越を示す印の見方 ◎→最も良い ○→まあまあ良い ▲→がんばろう となります。
■解説
・情報伝達のスピード・更新速度に関して
情報のスピードに関しましては、現時点ではtwitter以外のスピードを持つツールはないと言われております。逆にブログサイト等の場合、発信する為の情報(コンテンツ)の作成作業等を考慮しますとtwitter等よりも若干スピード感と言う部分では劣ると言えるでしょう。但しリアルタイムの情報としましては通常のwebよりは格段に機動性を持っていると言えます。webに関して言いますと、cms等で構成しているwebの場合はブログと同等の機動性を持つ反面、HTMLで構成されたものや自身での更新実施が難しいwebに関してはスピード感に欠ける事も事前に知って置くと良いと思います。
・情報コンテンツのボリューム量
情報コンテンツのボリューム。発信したい情報量としましては通常のwebが最も多くの情報を形成する事が可能です。twitterの場合は140文字以内と言う制約が存在しておりますし、ブログの場合は情報コンテンツ量の観点からは、webとほぼ同等の機能を持てる場合もありますが見やすさと言う部分ではwebよりも劣ると言う事が言えるでしょう。
・情報コンテンツの自由度
フリーブログやtwitterにはフリーブログやtwitterを利用する上で、使用者が自由に出来ない機能制限が存在します。勿論、外部サーバー等を利用する事でこの機能制限等を一部クリアーにする事は可能ですが、それでも自由にならない箇所も多いはずです。逆にwebの場合はcss等の制作技術にも寄りますが、自由度は制作者・運用者次第と言う意味ではかなりの幅の広い使い方が実現できると言えます。
・サイト内のコミュニティー形成
ソーシャルメディアがwebに比べて機能的に最も優れていると言う部分を私はコミニュティー形成のしやすさと思っています。例えばアメブロの場合、「読者登録・アメンバー登録・ピグ・ぐるっぽ・ペタ」のような機能が代表的な存在です。数あるフリーブログの中でアメブロが圧倒的なシェアを誇る理由の一つが上記のような利点を感じる方が多いからではないかとも思っています。またtwitterの場合はフォローと言う機能で他のユーザーとコンタクトを取っていく事が可能です。コミュニティーの気軽さ(数)の観点はtwitter、コミュニティーのクオリティー(質)と言う部分ではアメブロと言う事が言えます。事業に繋げると言う観点では、ブログに軍配が上がると思われますが、twitterとブログを役割を考えて使う方法が最も賢い方法ではないでしょうか
・情報発信者の社会的信用性
ブログやtwitterの利点として「匿名性が許される」と言う部分も1つの要素であると思います。逆にwebの場合は電話番号等の記載義務はないにしても会社・店舗情報は特定取引の関係上、表記する事がルールです。よってwebを使って発信する場合、配信する情報に会社・店舗として責任を持つ必要があります。その分社会的な信用度はソーシャルメディアに比べて高いと思われている事も事実です。但しあくまでもweb上で発信される情報の全てが正しいと言う事をお伝えしているわけではありませんので、この部分はインターネットを利用する全ての方が頭の片隅に事前認識として持っておくべきでしょう。
・アクセス導線としての機能
最終的なコンバージョンに繋がるか繋がらないかは別にして、ソーシャルメディアを利用する場合、内部的なアクセス(同一ブログを利用している方同士の繋がり)が強いフリーブログ(アメブロはフリーブログの中でも内部的なアクセスが取得しやすい)の場合、通常のwebよりも確実に多くのアクセスを運ぶ事が可能です。(※あくまでもアクセス数と言う概念です)逆にtwitterの場合、情報速度が速すぎて埋もれやすい事、twitter上でつぶやくリンクのクリック率が低い事からここでは高い評価を下しておりません。
・検索エンジン対策との関係性
ここでは必ずしもwebがソーシャルメディアよりも優れていると言う事をお伝えしたいわけではございませんが、基本的な概念としては他者のドメイン下にディレクトリーを持つ借り物のドメインよりも自身で更新費用を支払い運用するドメインの方が、発信者の情報での検索エンジン上の評価は自然と高くなると言う解釈です。但しあくまでもこの部分の評価は、利用者の利用期間や外部とのリンクでの繋がりと言う部分も非常に関係しますので、やはり一概にwebの方が検索エンジンに強いとは言い切れない部分もございます。その証拠にwebよりもアメブロの方が検索エンジン上位に位置する事もよく目撃します。またtwitterの場合は検索エンジン評価を優先的に見るとかなり厳しい部分もありますが、それらを補う為にコミュニティー形成等を意識した運用も1つの方法論ではあるでしょう。
[ブログを利用して事業コンバージョンを高める為に]
ブログをはじめとするソーシャルメディアを活用する際に最も重要な考えとして頭に入れておきたい事項とは、繋がりです。そして他者と繋がると言う事は思いやりも必要です。
アメブロ等を利用していますと、数を意識する方の方が多いと思いますが、私は不特定多数の数を追うよりも情報交換が出来たり情報を共有しあえる信頼できる他者との関係性の強さの数こそが、ブログを利用した事業コンバージョンとの直接的な影響が見込める部分と感じております。
しかしブログのみでコンバージョン向上を図っていても集客導線は決して強いものでもありません。あくまでもブログやソールメディアとはその範囲内の効果しか見込みづらいと言えます。そのような事もあり当社ではwebサイトリニューアルによってwebサイトとブログやtwitter・facebookを連動させたり、ブログやwebサイトにGoogle seoを施し、検索エンジン経由での訪問者との新しい繋がりの機会を増やす方法を推進させて頂いております。
考え方や使い方は人それぞれです。何を使うかよりもどのように活用するのか?を強く意識した提案を実施させて頂く事こそがホームページ制作会社としての当社のこだわりでもございます。

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます】

アメブロでSEO!! 検索エンジン⇒アメブロ⇒コンバージョン(反響)数の実感!!

アメブロseoならばお任せください。福岡 アメブロ,アメブロ検索上位,アメブロ SEO対策でGoogle検索上位にランクイン ソーシャルメディア連動による効率化!! 検索エンジンから目指すブログアクセスアップ!! 自分で出来るアメブロSEO!! 検索エンジンから継続的にアクセスを獲得するアメブロ活用術!! アメブロ アクセスアップ 無料情報発信中 詳しくはこちら
福岡 アメブロ
ホームページ リニューアル
Google seo
LPOページ 作成
webサイト 集客
美容関係のホームページ登録サイト
アメブロアクセスアップ