アメブロ(ameblo・ameba)を利用して検索エンジン・ソーシャルメディアからの集客・販促の促進。SEOに強いアメブロだから実現出来る事

アメブロ SEO

アメブロ(スタイルシート)カスタマイズ用のCSS雛形を無償配布

アメブロ(スタイルシート)CSSカスタマイズの解説ページ
当社のアメブロのCSSデータを見本参照(下記参照)しながらご自身のカスタマイズを実施頂けるように今回、cssの配布を実施しております。是非ご興味あるお客様はご利用ください。尚、2011年9月現在下記カスタマイズ方法を実施する為に準備としまして予め、管理画面→デザイン変更→カスタマイズ可能→2ページ目の【カスタム可能】ベーシックを選択頂く必要があります。アメブロにログイン出来る状態で左の写真をクリック頂けますと、デザインを選ぶ画面にそのまま移動しますのでお試しください。
※尚商用でカスタマイズを実施する際は是非、広告を外す為にサーバーエージェント様に1ヶ月980円支払い正当に外す方法を推奨しています(詳しくはコチラも御確認お願いいたします。)
■CSS配布に際してKCEマーケティングからのご連絡
現在、当社ではweb・ブログ活用に関してお客様がお客様自身でアクション(作業を実施)する事を推奨しております。そのような考えがあり、カスタマイズ案件は企業様からの依頼・特殊決済サイトのみの受注とさせて頂いております。そのような事もあり、せっかくお問い合わせ頂いた客様のご要望に沿えないケースが多発しております。
しかしカスタマイズを実施したいと言う方に微力ながらお力添えできる事はないのか?と言う事を考え、当社のアメブロ cssをオープン(無料配布)提供させて頂く事にしました。自身でカスタマイズ取り組みたい方はお気軽にご利用ください。(利用条件はお約束事項を厳守頂く事以外はありません)
■技術的な質問に対する当社からの回答に関して※事前御確認
cssに関してのお問い合わせは無料配布と言う事もございますので、メールまたは電話等ではお受け致しかねますので予めご了承ください。但しKCEマーケティングのFacebookのいいねボタンを押して頂いたお客様もしくは私がfacebookで友達にさせて頂いた方とのfacebook上での質問のやり取りに関しては時間の許す限り対応させて頂きます。(facebookのアカウント開設方法はコチラ
■本cssはサンプルですのでデータの直接利用はご遠慮ください
本cssはお客様自らが加工を実施する上で加工をしやすいように解説付にてカスタマイズに取り組める用として配布しており、テストの為に全てのデータもフルパスURLで入力しております。よってお客様が自らのサイトでご利用頂く際に本データをそのままご利用頂きますと、当社サーバーに負荷がかかりデータ保存先のサーバーを変更しなければいけなくなる可能性もございます。一度ダウンロードして頂いたものを自社サーバー等で運用する事に関しましては問題はありません。(但し商用利用は不可)予め御確認ください。※厳守でお願いします
●解説用:広告を有料で外していないブログ(コチラ)のcss ※尚下記データは解説・加工テスト用のcssです。デザインデータ等のそのままの状態での利用は出来ません。(デザインを使用されたい場合は自社サーバー内でデザイン管理頂く必要があります。※商用不可)正式にご自身のカスタマイズに利用する際は記事下フレーム内のコピペ可のcssをご利用ください。
上記の解説用のcssデータを基に下記にお客様自らが変更して利用する箇所のみを抜粋して表記させて頂きます。これは当社cssですので追記cssのリクエスト等は下記のfacebookコメントからお気軽にご通知ください。
●871-893列:ヘッダー(画像・グローバルナビゲーションスペース)
872のURLの箇所にヘッダーにしたいデータのURLを記載ください。私の場合は外部サーバーにデータを保存していますが、外部サーバーをお持ちでない方はアメブロのcss編集画面上部にある※ブログデザインヘッダ・背景用画像の追加の機能を活用してタグ等を発行されると良いかと思います。
876はヘッダーの縦の長さを示す箇所です。ここではヘッダーの画像の縦幅に20px-30pxをプラスさせた長さを指定すると良いかと思います。但しヘッダー画像の下にグローバルナビゲーション(メニューバー設置)する際はヘッダー画像の縦幅+メニューバーデータの縦幅+30pxの数値をここには入れるようにしましょう。
886-893はヘッダー上のブログタイトルとブログ説明文を表記させない為のcssデータです。このタグを挿入する事でヘッダー画像にブログタイトル等をデザインで挿入して見せるという方法が採用できます。
●907-1016列:サイドバー配置(フリースペーズ・フリープラグイン追記省く)
907-967はフリースペースとプラグインを除くサイドスペース(プロフィールとか読者になるとかランキングなど)に配置されるデータを指定するタグです。私の場合はこのデータを全て作成することで全体のデザインのバランスを整えております。尚私が現状使っている部分は、ブックマーク・プロフィール・最近の記事一覧・このブログの読者・アメブロランキングのみですからその他のデータをサイドバーに配置する設定にした場合は反映されませんのでお気をつけください。※911・918などで指定している[border: solid 1px #999;]はデザインを囲む線を入れたい場合に挿入するタグです。
907:#profile→プロフィールを指定するデータ
914:#recent_entries→最近の記事一覧するデータ
920:#theme_list→ブログテーマ一覧を指定するデータ
926:#calendar→カレンダーを指定するデータ
932:#archives→アーカイブを指定するデータ
938:#search→ブログ内検索を指定するデータ
944:#reader→このブログの読者を指定するデータ
950:#favorite→お気に入りブログを指定するデータ
956:#ranking →アメブロランキングを指定するデータ
962:#bookmark →ブックマークを指定するデータ
968:#frame→全体のフレームを囲む線を指定したデータ フォント(色)と幅を指定する事が可
●ブログレイアウト(カラムの決定)に携わる箇所です。
●1018-1061この箇所はカラム決定に関して携わる箇所です。カラムのpxの計算の仕方はここでは割愛しますが、全体のカラムをどれ位にするのかサイドカラム右・左)をどうするのかを決定する重要な箇所です。下記にメイン・サイドと分けてご紹介します。尚私のブログは左2カラム専用となります
●1034-1038の箇所はメインカラムを指定する場所です。私の場合は全体の横幅を950にしていますので、950pxとしております。それ以外は基本的に扱われないようにしてください。
●1042-1046の箇所はブログメインとなる部分(ブログが更新される場所)の横幅を示します。1045にpadding-left:10px;とあります。これは余白の設定するタグです。panddingやmargineに関しては誠に申し訳ございませんがコチラでお調べください。
●1051は左のサイドバーを指定するタグです。1055でz-index:1; が指定されている事を確認ください。尚幅に関しましては余白設定が分からない方は数値を入れなおしながらプレビューする事をオススメします。尚私の場合は左2カラムですので1057の右カラムは0pxで指定しています。
●グローバルナビゲーション(メニューバー)の挿入
●1063-1163は私のブログで言う所のヘッダー画像の下に配置されているグローバルナビゲーション(メニューバー)のcssです。尚これらのCSSが正常に反映される為にはメインカラム・サイドカラムの位置関係が確立されておかなければなりませんので1017-1061が記載されている状態なのかを再度確認しておいてください。
●1063-1068の部分がグローバルナビゲーションの0地点を指定するタグです。以後の位置調整は全てこの0地点を基準に実施されます。実際には何度かプレビューしながら位置を固定されるのが適切でしょう。
●1070-1082 ここからがグローバルナビゲーションを指定するデータです。上記の0地点に対しての細かい位置を調整して行きます。私のブログの場合はナビゲーションの下にバーを配置しておりその上に別のデザインを載せています。このデータをmenu01で指定しています。尚1080-1082まではマウスを乗せた際のロールオーバーデータを入れます。menu01に関してはロールオーバーの必要がありませんのでmenu01で指定したものと同一データURLを入れております。
●1084-1163はヘッダーバーの上に載るグローバルナビゲーションのデータを位置を調整して表記しております。尚、下記はお客様がご自身で利用される際に調整の必要があると思われる箇所に関しての簡単な解説です。※cssに慣れている方は別の方法で実施して頂いた方が良いかも知れません。
top:10px;・・・・naviで指定している0地点に対しての位置関係です。ここでは変動しません
left:750px;・・・前回のデータにナビゲーション単体の横幅を足した数値を入力
width:140px;・・・グローバルナビゲーションデザインの横幅を入力。全て同一
height:35px;・・・グローバルナビゲーションデザインの縦幅を入力。全て同一
※グローバルナビゲーションの設置に関しましてはCSSに上記のタグを記載した後、ブログ管理画面から→記事の編集・削除→サイドバーの設定→フリースペースの編集の画面上に、指定のHTMLタグを記載頂く必要があります。下記フレーム内をご参照ください。
アメブロのメッセージボードと記事フッダーに毎回、自動で文書を挿入
一通り、私が使っているアメブロのcssに関しての解説は終了しましたが、フリープラグインも利用しておりますので記事上や記事下に自動広告等を挿入したい場合はコチラの記事もご参照ください。
[※注:下記のお約束だけは厳守してください。]
アメブロcssのカスタマイズに関してのご質問は下記facebookコメントからのみ受け付けます。「いいね」または「友達申請」を頂いた方へのコメント返しを優先させて頂きます。電話または当社のメールフォームからのご質問にはお答えできませんので予めご了承ください。
サンプルでご利用頂けるデータは下記をコピペで利用ください。尚、直リンク防止の為に下記にはURLは記載しておりません。あくまでも当社cssはお客自身がカスタマイズを実施する上でのサンプルと出来るように上記にフルパスにて公開させています。自身のcssを作成する際は必ず下記のフレーム内データを基に加工、またデータを利用時は自分のサーバー上にデータを上げてご利用ください。まだサーバーをお持ちでない方は3ヶ月無料で利用可のレンタルサーバーをこの機会にお試しください。
●コピペ利用可能です。cssデータ(URL記述ナシ)
[ブログを利用して事業コンバージョンを高める為に]
ブログをはじめとするソーシャルメディアを活用する際に最も重要な考えとして頭に入れておきたい事項とは、繋がりです。そして他者と繋がると言う事は思いやりも必要です。
アメブロ等を利用していますと、数を意識する方の方が多いと思いますが、私は不特定多数の数を追うよりも情報交換が出来たり情報を共有しあえる信頼できる他者との関係性の強さの数こそが、ブログを利用した事業コンバージョンとの直接的な影響が見込める部分と感じております。
しかしブログのみでコンバージョン向上を図っていても集客導線は決して強いものでもありません。あくまでもブログやソールメディアとはその範囲内の効果しか見込みづらいと言えます。そのような事もあり当社ではwebサイトリニューアルによってwebサイトとブログやtwitter・facebookを連動させたり、ブログやwebサイトにGoogle seoを施し、検索エンジン経由での訪問者との新しい繋がりの機会を増やす方法を推進させて頂いております。
考え方や使い方は人それぞれです。何を使うかよりもどのように活用するのか?を強く意識した提案を実施させて頂く事こそがホームページ制作会社としての当社のこだわりでもございます。

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます】

アメブロでSEO!! 検索エンジン⇒アメブロ⇒コンバージョン(反響)数の実感!!

アメブロseoならばお任せください。福岡 アメブロ,アメブロ検索上位,アメブロ SEO対策でGoogle検索上位にランクイン ソーシャルメディア連動による効率化!! 検索エンジンから目指すブログアクセスアップ!! 自分で出来るアメブロSEO!! 検索エンジンから継続的にアクセスを獲得するアメブロ活用術!! アメブロ アクセスアップ 無料情報発信中 詳しくはこちら
福岡 アメブロ
ホームページ リニューアル
Google seo
LPOページ 作成
webサイト 集客
美容関係のホームページ登録サイト
アメブロアクセスアップ