アメブロ(ameblo・ameba)を利用して検索エンジン・ソーシャルメディアからの集客・販促の促進。SEOに強いアメブロだから実現出来る事

アメブロ SEO

都合の良い部分は表記させるが、都合の悪いものは表記させない方

都合の良い部分は表記させるが、都合の悪いものは表記させない方
アメブロ カスタマイズで先日お問い合わせを頂いたお客様との会話が、アメブロカスタマイズに興味を抱くユーザさんと私のような技術者の解釈の誤差を表すのに非常に最適でしたので、今回はその内容を記事にさせて頂きます。※ここではお客様をA、私をKとして表現させて頂きます。
昨日のお問い合わせを頂いた後に記事保存をしていたので、比較的に鮮明に文章を記せてますがカスタマイズにしろ、その他のサービスのお問い合わせにしろ、お客様とは上記のような話しを最初にする事が多いですね。私と既にお付き合いしている方ならば、分かりやすいとは思います。「こんな事、言ってそうだなって感じでしょうね」
A:「カスタマイズしたらやっぱりアクセスは上がりますか?」
K:「カスタマイズしてもアクセスが上がるかどうかは何とも言えません」 「回答としましては、アクセスアップにも繋がりますし、繋がらないと言った所でしょうか?」
A:「えっそうなんですか?」「先日お話しを頂いた●●業者さんはアクセスは必ずアップしますとおっしゃってましたが」
K:「・・・・・・」 「アクセスアップさせる為にカスタマイズをすると言う解釈は問題ありませんが、カスタマイズがアクセスアップに直結すると言う考えは全く違いますよ。」
A:「では何故、その業者さんはそうおっしゃったのですか?」
K:「アクセスアップすると言う言葉に弱い方をターゲットにされてるからではないでしょうか?」
A:「そしたら私は騙されていたのでしょうか?」
K:「私はその業者さんが誰が分かりませんので、何とも言えませんが、Aさんが、カスタマイズをすればアクセスアップに繋がると言うイコールの認識を植えつけられたならばそれは騙しでしょうね」
A:「その方はhttp://ameblo.jp/●●●●●●/なんですが、ご存知ですか?」
K:「その方なら、何度か見かけた記憶があります。」「ただその方ってアメブロランキングとか非表示にしてますよね。?」「またアメブロアクセス解析以外のアクセス等も殆ど提示されていないですよね?」
A:「そこまで見てませんでした」
K:「今、ごらんになって見てください」
A:「本当にランキングは、表記されてません」
K:「誤解のないように補足しておきますと、アメブロランキングはあまりアテになりません」「実質的なアクセス解析数との誤差は半端じゃないです。但しアメブロ内での1つの目安にはなるとは思います。」「ただ中にはブログ更新もないで、機械ばかり回して意味のないアクセスを計上するような方もいますけど・・・・」
K:「ただこの方が表記させない理由は、あんまりアクセスランキングが高くないからだと思います」
A:「そうなんですね」「やっぱりカスタマイズはアクセスアップとは直結しないと言う事なんですね」
K:「私は必ず、カスタマイズ=アクセスアップとお考えのお客様には、そう伝えるようにしてます」
A:「ありがとうございます」「少し勅使川原さんのブログを読んで勉強しなおしてみます。」
K:「はい是非そうしてください。」
A:「ところで、アクセスアップにならないのに、何故お金を出してカスタマイズされる方がいるのですか?」
K:「その理由の1つは、アクセスを運びたいからですよ」「また違った理由としては完全にアメブロで販売促進(インターネット完結のサービス)させたい方からの依頼も多いですね」
A:「でもアクセスアップしなければ、それらは意味ないですよね?」
K:「実はそうとも言えません。何故ならばアクセスアップの為には別の作業が必要ですのでその作業をお客様はやってらっしゃいます」「結論としてカスタマイズの意味はアクセスアップさせる為のアクションを迎え入れやすいように整備する事なんです」※説明させて頂いた内容が非常に長い為に割愛します
A:「あ~なるほど!」「だから勅使川原さんのブログはこのような魅せ方をしているんですね」
K:「はいそうです。」「ちなみに私のお客様でhttp://ameblo.jp/xxxxxx●/様のカスタマイズの狙いは○○のような部分にありますので、このブログはこのように魅せているんです」
A:「あ~なるほど!」「確かに○○をしたいならばこの方法は良いですね」
K:「お客様の業種や業態は皆様異なりますし、業種が一緒でもブログを使う方のスキルや狙いはAさんを含めて皆様バラバラです」「だから私はそのお客様の状況等を把握した上で最もそのお客様に適した方法を提案させて頂くようにしていますし、作成後にも、色々とやり取りさせて頂くお客様が多いです」
A:「それは嬉しいですね」「カスタマイズしたら、はい終わりより、色々と困った時に尋ねやすいのはありがたいです」
K:「そう言って頂けるのは嬉しいです」「但し1つだけ忘れてほしくないのは、ブログを動かすのはAさんですからね」「ブログを動かす努力を後回しにしたら、カスタマイズにお金をかけても費用対効果を出してくれない事は忘れないでくださいね」
お客様の希望を叶える事は確かに、顧客満足だと思いますがお客様の希望自体が、知識量の違う私からすると、『それは間違いだ』『その考えは危ない』と思う事が多いのが、実はインターネットサービス分野の特徴です。
よってお客様の希望を叶えるよりも重要な事は、お客様のそれをしようと考えた動機を聞いて、それらの動機を満たす結果を導きだす為の方法論とお客様自身の意識しなければいけないアクションの提案です。
インターネットサービスの場合は、消費者側からするとそのような判断が非常に難しい部分だと思います。1万のホームページ 20万のホームページ 100万のホームページ。性能もサービスも1万<20万<100万になるなら誰も迷わないのでしょうが、時に100万<20万<1万になる場合もあったりしてしまうので、消費者が無知の場合、インターネット分野のサービスを選択するのは難しいんです。
クチコミが確実かどうか?と言えば、この場合も無知な方が無知の方にクチコミする場合においては、全てが良いクチコミか?と言えばそうでもないんですね。クチコミにお金(マージン)を発生させている場合は間違いなく信用ならないクチコミだと言う事を覚えて置きましょう。
中には中間マージンを取得する事を「仕組み」と表現する方もいらっしゃいますから。色々と無知な場合は騙されるケースが多いんです。以前どこかで書きましたが「仕組み」とはその方が集める、その方が儲かる仕組みとなっている場合が多いわけです
[ブログを利用して事業コンバージョンを高める為に]
ブログをはじめとするソーシャルメディアを活用する際に最も重要な考えとして頭に入れておきたい事項とは、繋がりです。そして他者と繋がると言う事は思いやりも必要です。
アメブロ等を利用していますと、数を意識する方の方が多いと思いますが、私は不特定多数の数を追うよりも情報交換が出来たり情報を共有しあえる信頼できる他者との関係性の強さの数こそが、ブログを利用した事業コンバージョンとの直接的な影響が見込める部分と感じております。
しかしブログのみでコンバージョン向上を図っていても集客導線は決して強いものでもありません。あくまでもブログやソールメディアとはその範囲内の効果しか見込みづらいと言えます。そのような事もあり当社ではwebサイトリニューアルによってwebサイトとブログやtwitter・facebookを連動させたり、ブログやwebサイトにGoogle seoを施し、検索エンジン経由での訪問者との新しい繋がりの機会を増やす方法を推進させて頂いております。
考え方や使い方は人それぞれです。何を使うかよりもどのように活用するのか?を強く意識した提案を実施させて頂く事こそがホームページ制作会社としての当社のこだわりでもございます。

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます】

アメブロでSEO!! 検索エンジン⇒アメブロ⇒コンバージョン(反響)数の実感!!

アメブロseoならばお任せください。福岡 アメブロ,アメブロ検索上位,アメブロ SEO対策でGoogle検索上位にランクイン ソーシャルメディア連動による効率化!! 検索エンジンから目指すブログアクセスアップ!! 自分で出来るアメブロSEO!! 検索エンジンから継続的にアクセスを獲得するアメブロ活用術!! アメブロ アクセスアップ 無料情報発信中 詳しくはこちら
福岡 アメブロ
ホームページ リニューアル
Google seo
LPOページ 作成
webサイト 集客
美容関係のホームページ登録サイト
アメブロアクセスアップ