アメブロ(ameblo・ameba)を利用して検索エンジン・ソーシャルメディアからの集客・販促の促進。SEOに強いアメブロだから実現出来る事

アメブロ SEO

貴方の何気に利用しているアメブロが集客に繋がる条件

アメブロが自分の事業に繋がるように意図して利用されている方もそうでない方も様々でしょうが、全てのポイントは、『繋がるものの存在』でしょう。何故かと言いますと、貴方のアメブロ自体が検索エンジンからのランディングページになっている事も非常に多いからなのです。只のブログにするか?只のブログにしないのか?かが重要と言うわけです。
下記は私の11月1日ー11月20日のデータを参照に解説をして行きます。
2010y11m21d_212533708.jpg
毎月のデータも同じようなものですが、毎月そこそこ、検索エンジンからのアクセスは増えてきています。最終的には総数2000PV位にはなると思いますが、主要の検索エンジンを利用する動機として『自分が知りたい情報を検索している』と言う観点では、検索エンジンからのアクセスはほぼ新規のセッションと言う場合も多いのです。アメブロ内部アクセスは大抵、参照元はアメブロ内部からのアクセスとなります。と言う事を考えると、TOPページのみならず、全てのページにランディングを受ける可能性もあるわけです。そうなった場合にそのページが単なるブログ記事の場合、離脱率を防ぐ事は実は非常に難しいのです。何故ならば、そのページで記載している内容の続きやまたは関連する記事がアメブロの場合は単独の記事上には表記されません。MTやWPで使用するブログにはこの辺りをプラグイン挿入等でカスタマイズ出来てしまうから、CMSとして利用価値も高いのです。
ですが、アメブロにはそのような繋げる為に不利な要素が多く存在していたとしても、利用する価値が存在するのです。検索エンジン(特にGoogleには)強い被リンク供給源としてのサテライトサイトとして価値がある(ページランク4を取得しやすい)、内部のブロガーさんからのアクセスを取得しやすい仕組みが豊富(ショッピングモールに出展するようなイメージ)総括すると、アメブロを集客に繋げたいならば、アメブロのデメリットを如何に抑える事が出来るか?にかかっていると言う事であります。それを如何なる方法で実現するのか?勿論最重要は、1つ1つの記事のコンセプトとクオリティーですが、それらを補填する技術としてアメブロをアメブロの制限内で如何に滞在率を向上させるのか?と言う見せ方なのです。ですから、当社のバナーにはそのままの内容を記載しています。『アメブロを事業に繋げる答えはカスタマイズにある』と言う事を覚えて置くのも良いでしょう。
[ブログを利用して事業コンバージョンを高める為に]
ブログをはじめとするソーシャルメディアを活用する際に最も重要な考えとして頭に入れておきたい事項とは、繋がりです。そして他者と繋がると言う事は思いやりも必要です。
アメブロ等を利用していますと、数を意識する方の方が多いと思いますが、私は不特定多数の数を追うよりも情報交換が出来たり情報を共有しあえる信頼できる他者との関係性の強さの数こそが、ブログを利用した事業コンバージョンとの直接的な影響が見込める部分と感じております。
しかしブログのみでコンバージョン向上を図っていても集客導線は決して強いものでもありません。あくまでもブログやソールメディアとはその範囲内の効果しか見込みづらいと言えます。そのような事もあり当社ではwebサイトリニューアルによってwebサイトとブログやtwitter・facebookを連動させたり、ブログやwebサイトにGoogle seoを施し、検索エンジン経由での訪問者との新しい繋がりの機会を増やす方法を推進させて頂いております。
考え方や使い方は人それぞれです。何を使うかよりもどのように活用するのか?を強く意識した提案を実施させて頂く事こそがホームページ制作会社としての当社のこだわりでもございます。

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます】

アメブロでSEO!! 検索エンジン⇒アメブロ⇒コンバージョン(反響)数の実感!!

アメブロseoならばお任せください。福岡 アメブロ,アメブロ検索上位,アメブロ SEO対策でGoogle検索上位にランクイン ソーシャルメディア連動による効率化!! 検索エンジンから目指すブログアクセスアップ!! 自分で出来るアメブロSEO!! 検索エンジンから継続的にアクセスを獲得するアメブロ活用術!! アメブロ アクセスアップ 無料情報発信中 詳しくはこちら
福岡 アメブロ
ホームページ リニューアル
Google seo
LPOページ 作成
webサイト 集客
美容関係のホームページ登録サイト
アメブロアクセスアップ